プログラミングと海外移住で人生を自由に

koselog

生き方

理想の1日について考えたことない人は、幸せになれないよ

更新日:

僕の理想の1日

朝5時半、涼しくて徐々に明るくなってくる時間に気持ちよく目覚め、美味しいコーヒーを啜りつつ机に向かう。

Macbookを立ち上げて、すぐさまブログを書く。ブログを書き終えると、その日、その週のタスクを整理してコードを書く。

作業が一段落した8時には美味しい野菜、フルーツ、ヨーグルトを食べる。朝食後は、ゆっくりチャット、メールやニュースのチェックをする。

ランチに向けて、再びブログを書いたりコードを書いたりする。ランチは簡単なパスタを作る。

午後は近所を走ったり、たまにビーチや山に遊びに出かけたりする。夕方からは食材の買い出しをすませたら、ゆっくりと夕食の下準備を始める。

ビールを飲みつつ、食事の支度が出来たら、家族団らんしながら夕食を楽しむ。余裕があればボードゲームとかして、食事ができるのを待つ。

食事の後はすぐに片付けて、風呂に入る。寝る前に少し読書や、映画鑑賞をする。

なぜ理想の1日を考えるのか

上記が僕の理想の1日です。基本家で作業と自炊が出来たら幸せで、たまーに出かけたいかなという感じです。

煽りっぽいタイトルをつけてしまいましたが、たまに理想を考えてみると、自分は何が欲しいのか、どうすれば幸せになれるのかみたいなことを考えるようになれます。

イメージできたら、実現に向けて動くだけ

僕が上に書いたような日を過ごせるのは月に2〜3日です。最近の平日は研究室に居ることが多く、土日も外に出るイベントが多いです。

イメージをすれば、あとは時間やお金を確保するために、日々動いて理想の日を作っていくだけですよね。

特に何もなければそれで幸せというのアリだとは思いますが。

頭の中で成功することで、より成功が近づく

これは最近特に意識していることで、どうなりたいかをきっちり考えると多少難しいことでも、実現への道が開けます。

ゆっくりでもいいので、前進しているなと思えることが大事です。

エンジニアとして就職したいなーなんて思ってから、約1年が経ちましたが、無事に良い感じのWebベンチャーに内定を貰い、エンジニアコミュニティにも知り合いが増えて、今や初心者向けにプログラミングを教えていたりします。

こうなるために、僕は明確に意識して、日々なんとなく動いてきました。

紙とペンを取り出して、15分くらいでもいいので、イメージして書き出してみてください。きっと、理想の姿や日々が少し近づいてきます。

-生き方

Copyright© koselog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.