プログラミングと海外移住で人生を自由に

koselog

中高生向け 生き方

大学には行くべきか?【結論】やりたいことが決まってないなら、行くべきです。

投稿日:

■キーワード
大学 行くべき 行くべき学部

どうも、koseです。

高校生や浪人生の皆さんはこの3月辺りの時期に、大学に行くべきなのか?と迷っている人が多いと思います。

大学に行って出来ることや得られること、またデメリットについて解説します。

✅この記事のテーマ:大学に行くべきか?

✅この記事の内容

  • なぜ大学へ行くべきか?
  • なにが出来るのか?また、出来ないのか。
  • やりたいことを見つけよう。

✅この記事の信頼性

大学に通ったことで、一生をかけてやりたいプログラミングや情報科学に出会いました。また、貴重な経験も色々とした結果、就活も成功しました。

実は、高校生の頃には大学に行く意味はないとかなり強く思っていました。

そんな僕が、大学生活を通して180度考え方が変わりました。

ここまで極端に考え方が変わるの人の話は、多少読んでみてもいいかと思います。

なぜ大学へ行くべきか?

結論:大学生というお得な身分を得られるから。

大学生という身分はとてもお得です。メリットは4つあると思っています。

①暇な時間を作れる
②アルバイトをしやすい
③奨学金を貰える
大卒資格はビザ取得に活かせる

①暇な時間を作れる

大学生というのは基本的に暇です。テストや就活、部活などで忙しい時期もありますが、理系であっても暇な時間の方が圧倒的に多いです。

この暇な時間をただ無為に過ごすのもたまには悪くないですが、やったことないことをやってみたり、時間のかかることをやってみたりするのにピッタリです。

生活費を稼ぐための仕事をやっていたり、専門学校の2年間で資格のために勉強していたりすると、4年間もの暇な時間を作ることは出来ません。

図書館でじっくり腰を据えて資本主義について勉強をするのもいいですし、YouTuberになってみるのもアリだと思います。

※YouTuberは企画から撮影、編集まで行うとかなり時間がかかると思います。

長期での海外旅行も定番ですが、オススメです。

僕の場合は大学3年生からですが、プログラミングに没頭しました。

②アルバイトをしやすい

フリーターでも専門学生でも高校生でもアルバイトは出来るだろ!というツッコミが来そうですが、大学生の方がアルバイトの幅は広いです。

学内施設のアルバイトはもちろん、学会のアルバイトや研究室やゼミでのアルバイトは大学独特ですよね。

勉強が好きだった人は塾講師や家庭教師で高い時給を貰うのも良いです。(個人的には子供相手の仕事は社会で生きるスキルに繋がりづらいのでオススメしません。)

飲食店や小売店以外にも選択肢が広がるということです。

また、パーティーやイベントなど一部カワイイ(カッコイイ)大学生限定のアルバイトもあるみたいです。

③奨学金を貰える

金銭的な問題で、大学進学を諦める人もいるかもしれませんが、徹底的に奨学金について調べるべきです。貸与のものであれば、一定の条件を満たせば誰でも借りられます。

成績をある程度高く保ちつつ、うまく応募用の文章を書いて片っ端から給付型の奨学金に応募して、得られたお金で音楽の機材を買ったり旅行に行ったりしている人を僕は知っています。

※余談ですが、お金関係で言えば学割が使えますね。JRの学割はお得ですよね。

http://faq.jr-odekake.net/faq_detail.html?category&page=1&id=1247

④大卒資格はビザ取得に活かせる

実は僕が一番重要だと思っているところです。日本ではあまり強調されませんが、世界では凄く重要です。

海外で働きたい人は労働ビザを取得しないといけません。

労働ビザを取得できる外国人というのは、基本的には知的労働者です。

肉体労働は誰でも出来ますからね。

大学を卒業している=知的労働者

この図式が世界的には常識です。

なので、海外で働く可能性を残しておく為にも大卒資格は取っておいて損はありません。

なにが出来るのか?また、出来ないのか

①研究
②人脈
③フルタイムの仕事は出来ない

①研究

大学というのは研究機関なので、教員は何かしらの学問の専門家でその研究及び教育をしている人たちです。

その学問はもちろん、色々なことを深く考えていて詳しいので、個人的に仲良くなってみたり、真剣に講義を聞いたりして徹底的に学ぶことが出来ます。講義は一方通行になりがちなので、オフィスアワーに話しに行くのをオススメします。

②人脈

今回あまり大学の偏差値やレベルの話はしませんでしたが、人脈を求めているのなら各地域での有名大学に行った方が良いです。

特に何も決まっていない人なら都内の有名大学がやはりオススメです。

地方の大学と比べると母数が圧倒的に違いますよね。

大学には近い年代で色々な活動に挑戦している人が必ずいます。

そんな人と出会って、刺激を貰うといいです。

③フルタイムの仕事は出来ない

ここまで色々出来ると書いてきたのですが、本当にやりたいことが見つかった場合フルにコミットすることが出来ません。

単位は取得していても、何かしらで大学に行く用事があったり、在学している人は働かせてくれない企業もあります。

しかし、フルタイムでやりたいことが決まったのなら、大学は休学にでもしてそれをやればいいだけです。

やりたいことを見つけよう。

人生とはやりたいことをやり続ける旅だと思っています。

しかし、人生経験が少ないうちは世の中に何があって、自分が何をやりたいのかなんて分かりませんよね。

時間潰しにテレビを見たり、ゲームをしたり、ただ友達と過ごしても後に残るのは虚無だけです。

さいごに

暇な時間を作って、お得な身分で色々なことに手を出しつつ、大学卒業後の人生でやりたいことを見つけましょう。ついでに大卒資格をビザ取得に活かしましょう、という話でした。

単位の取りやすさを調べる方法や、ビザ取得のことも記事にしていきますのでお気に入り追加やブックマークをよろしくお願いします。

それではまた!

-中高生向け, 生き方

Copyright© koselog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.