プログラミングと海外移住で人生を自由に

koselog

ガジェット

【ガジェットレビュー】Huawei P20 Pro【docomo版でもau 9番SIMにすればVoLTEは使える!】

更新日:

なぜiPhoneSEからHuawei P20 Proにしたか

僕はここ2年ほどauでiPhoneSEを分割払いの契約にして使っていました。

2018年7月でちょうど分割の支払いを終えました。

子供の頃からMacユーザーだったので迷いなくiPhoneを使ってきたのですが、持ちやすさを重視していたので、iPhoneの中でも小さい4インチのiPhoneSEをあえて使っていました。

画面サイズ、カメラの重要性

しかし、最近画面サイズが大きくなるとスマホでもブログを書けるよなーとか、もっと綺麗な写真を取れるとSNSにもアップロードしたときに良い写真を提供できるしブログにも載せられるよなーとか思っていました。

自分がiPhoneSEで撮った写真が最近他の人のスマホ写真と比べて、見劣りすると感じてもいました。

実際、常に身につけている道具でどこでも色々なことができるとかなり便利ですよね。

iPhoneXよりも高性能なカメラかつ、自分が開発者としてAndroidのを使ってUX等を知っておくのも大事だと思いHuawei P20 Proを選びました。

Galaxyは以前航空会社がバッテリーに問題があるので、機内持ち込みを禁止していたことがあったので検討に入れませんでした。

Xperiaもハイレゾの音質が魅力でしたが、スマホでそこまで音楽を聞かないのでやめました。

ラクマにてdocomoのSIMロック解除版を購入

HUAWEI P20 Proには海外SIMフリー版とdocomo版の二種類があります。

docomo版も一括購入してSIMロックを解除してしまえば、SIMフリーに関しては変わらないのですが、使える機能に大きな差があります。

削除された機能はこちらのサイトに詳しく載っています。

docomo版は改悪だと言われていますが、おサイフケータイが使えることとau回線で電話が使えることが決め手になりました。

カラーはブラックのものを選びました。背面は鏡として使えます。笑

充電器は別売り!

僕はファーウェイのカスタマーサポートセンターから購入しました。

docomoショップなどでも充電器ACアダプタ07というものを購入すれば使えるそうですが、超急速充電にはならないようです。

なので、22.5W, 4.5V/5A版+5A Type-Cの純正の充電器を買ったほうがいいです。

(超急速充電の様子)

クリアケースはdocomo版にも付属していて、便利です。

auのAPN設定について

このサイトを参考にさせて頂きました。

 

デザリングオプションも上記サイトの設定でうまくいきました。

 

auのSIMカードの種類について

nano SIMカードには6番SIM, 9番SIM, L番SIMの3種類があります。

6番はVoLTEには対応しておらず、HUAWEI P20 Proでは電話やSNSが出来ません。

9番SIMはAndroid用のVoLTE SIMなのでこれを使えばau回線でHUAWEI P20 Proが運用できます。

L番SIMについては確認していませんが、iPhone8/X用らしいのでやめておいた方が無難かと思います。

auでの持ち込み機種変更

端末の購入を伴わない機種変更、つまりSIMカードのみの変更は3000円で出来ました。

結論

使った感想はまた別の記事でもアップしようと思いますが、写真の綺麗さは素晴らしいです。

特に夜景モードが優秀で、真っ暗なところで撮っても色がハッキリと写ります。

Felica搭載なので、SuicaやEdyが使える上に防水防塵で動作もサクサクです。

かなりオススメの端末です!

-ガジェット

Copyright© koselog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.