プログラミングと海外移住で人生を自由に

koselog

ブログ飯

ブログ記事を書く3つの手順

投稿日:

ブログを始めて見たものの、記事の書き方に迷う人が多いと思います。

実は僕も久しぶりに記事を書こうと思ったものの、どう書いていいのか分からず少し調べて、今後の方針が決まったので今回はその方法を紹介します。

日記として書くのではなく、閲覧数の増加を狙うなら、必要なことが3つあります。

✅この記事の内容

  • ブログ記事を書く時の3つの手順
  • ブログの文章構成における注意点
  • 文章構成を考える上でもっとも大切なこと

手順1:キーワードの決定

検索流入により閲覧数が増加するので、狙う検索キーワードを決めます。

キーワードの選び方

http://www.related-keywords.com/

このツールに選びたいキーワードを入力して、基本的にはGoogleサジェストの順に記事を書いていくといいと思います。


手順2:目次を作る

決まったキーワードで検索する人の悩みを考えます。その悩みを解消する情報を目次にしましょう。

今回の「ブログ」というキーワードだったら、どのブログサービスを使うべきなのかおすすめはどれ?収入はどれくらい?始め方は?作り方は?といったこれからブログを始めようとしている方の悩みがありそうです。

そしてこの悩みから考えた目次です。

  1. ブログのタイトルと何を書くのかを深掘りしましょう
  2. ブログを作るには独自ドメインを取得しましょう
  3. オススメのブログはWordPressです

このような感じです。

手順3:本文に肉付けする

今の所、狙うキーワード、そのキーワードを検索する人の悩み、悩みを解消する答えを持つ目次の3つのものが出揃っています。ここで目次にちょっとした本文をつけます。

肉付けした目次

1:ブログのタイトルと何を書くのかを深掘りしましょう

ブログのタイトルは非常に重要です。求めている情報やブログの方法性を示していて求めいている情報が含まれていそうなタイトルにすべきです。

2:ブログを作るには独自ドメインを取得しましょう

タイトルが決まったら、短い独自ドメインを取得しましょう。

3:オススメのブログはWordPressです

アフィリエイトをやるならWordPressがもっとも使いやすいです。

そしていよいよ、本文を書いていきます。

僕は現代文の型というのを意識して書いています。

現代文の型

  • 主張する
  • 理由、根拠を述べる
  • 具体例を述べる
  • 反論への理解(譲歩)を示す
  • もう一度はじめの主張をする

大学受験の現代文によくある文章構成ですが、簡単に説得力のある文章を書けるフレームワークみたいなものです。

現代文の型を使った具体例

  1. ブログのタイトルと何を書くのかを深掘りしましょう
  • 主張する → 記事を書ける専門分野深掘りしましょう。
  • 理由、根拠を述べる → 読者を獲得し、自分のスキルを高められるから。
  • 具体例を述べる → 特化型のブログのをいくつか紹介する。
  • 反論への理解(譲歩)を示す → 雑記の方が書きやすいように見えるが、それはキャラが確立出来てから。
  • もう一度はじめの主張をする → なので、自分の経験や好きなことやスキルを振り返って徹底的に深掘りしましょう。

ブログライティングでの注意点

  • 注意点①:読者をリアルにイメージすること
  • 注意点②:書きたいことではなく、PV数の増加(バズ)を狙って書くこと
  • 注意点③:よく考えること

注意点①:読者をリアルにイメージすること

記事の読者は身近な人や過去の自分をイメージすると良いです。

悩み解決はリアルさが大事です。

注意点②:書きたいことではなく、PV数の増加(バズ)を狙って書くこと

書きたいことを書くのは、リアルでの会話で自分語りばかりするようなものです。

キーワードを選んで、読者の悩みを考えて、目次をつくって肉付けしていくことを徹底しましょう。

現代文の型で考えると、具体例を述べるところでのみ自分の体験の話を入れてもいいと思います。

読者(ユーザー)ファーストで記事を提供しましょう。

注意点③:よく考えること

構成があってこそ、肉付けの文章が生きるので、まずはキーワードや構成をよく考えましょう。

ブログの文章を書くうえで最も大切なこと

ブログは閲覧数を増加させてナンボです。

その為自分の考えや書きたいことは一切捨て去って、お悩み解決に徹しましょう。

※また最後には、他の記事などへの誘導文句を書くといいです。

-ブログ飯
-,

Copyright© koselog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.